2009年07月13日

Harry Potter & Priso.. Child V (Cover to Cover)

Harry Potter & Priso.. Child V (Cover to Cover)Harry Potter & Priso.. Child V (Cover to Cover)
出演:
Cover to Cover
発売日



たいていの子どもにとって夏休みは待ちどおしいものなのに、13歳の我らがヒーローにはちっとも待ちどおしくない。夏は、自分をひどく嫌っているおば、おじ、いとこと共に過ごさなければならないからだ。
第3話のすべての騒動は、ハリー・ポッターがダーズリー家にやってきた意地の悪い客、マージおばさんを「間違って」おばけ風船のようにふくらませ、天井まで舞い上がらせてしまったことから始まる。ペチュニアおばさんとバーノンおじさんのお仕置きが怖くて、ハリーは重いトランクとフクロウのヘドウィグのカゴを抱えて暗闇へ飛び出してゆく。
けっきょく、ハリーは魔法を乱用した罰をまったく受けずにすむばかりか、不思議な力でマグルの住む世界から救い出され、3階建てのどぎつい紫色のバスに拾われて、残りの夏の数週間を居心地のよい居酒屋「漏れ鍋」で過ごすことになるのだ。ホグワーツでの3年目の生活がスタートすると同時に出くわしたことから、なぜ役人たちがハリーの罰を簡単に免除したかが明らかになる。
アズカバン刑務所を脱獄した囚人、シリウス・ブラックが逃走中で、しかもハリー・ポッターを狙っているらしい。いったいなぜ? それに、ハリーを守るために雇われたディメンターと呼ばれる看守たちはどうしてハリーだけを震えあがらせるの? 今度もまたローリングは大人も子どもも楽しませてくれる。次回作の準備も整っているという。うれしいことに、このシリーズはあと4作続くそうだ。

英語好きへの最初の一冊

よく知ってる大好きなお話なら、英語で読むのも苦痛じゃないんです。隣に辞書と日本語版をおいて、ゆっくりのんびり読み始めるそうです。


本当はガシガシ書き込みができるようにもう少し大き目の版が欲しかったなぁという




さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by エンタメ at 14:48 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Harry Potter & Chamber of... (Cover to Cover)

Harry Potter & Chamber of... (Cover to Cover)Harry Potter & Chamber of... (Cover to Cover)
出演:
BBC Audio
発売日


『Harry Potter and the Chamber of Secrets (Harry Potter (Audio))』を試聴する
※音声を再生できない場合は、ヘルプページをご参照ください。

Amazon.co.jp
ハリー・ポッターのように一途で魅力あふれる若いヒーローに恋をして、それでも彼が恐るべき危険に足を踏み入れていくのをただじっと見つめていることしかできないとしたら…。考えただけでたまらない! しかし、いくつもの賞を受賞したJ.K.ローリングの『Harry Potter and the Sorcerer's Stone』(邦題『ハリー・ポッターと賢者の石』)の待望の続編、『Harry Potter and the Chamber of Secrets』(邦題『ハリー・ポッターと秘密の部屋』)では、ハリーはまさに恐るべき危険に身をおくことになる。新学期からホグワーツ魔法魔術学校の2年生になる彼は、何者かに妨害されて学校へ向かう汽車に乗り損ねてしまう。とはいえ憎々しいダーズリー一家とともに長い夏を過ごしたあとではこれくらい何でもないかにみえた。彼の本当の不運は、残された唯一の移動手段だった空飛ぶ魔法の車が、貴重な(とはいえ明らかに不機嫌な)「暴れ柳」に激突したときから始まる。だがこんなこともみな、これからホグワーツの、とりつかれた校舎で起こる事件に比べれば、公園で過ごす穏やかなひとときのようなものだ。
身を凍らすような邪悪な声が壁の中からハリーだけにささやきかける。どうやらクラスメートのドラコ・マルフォイがハリーの命を狙っているらしい。だが間もなく学校内で恐ろしい事件が次々に起こりはじめ、自分の命を案じなければならないのはハリーだけではなくなる。壁の、高さ30センチほどのところから、怪しげな光を放つ文字が告げている。「秘密の部屋の扉は開かれた。継承者の敵よ、気をつけよ」。だがこれはいったいどういう意味なのか? ハリー、ハーマイオニー、ロンの3人は50年前に端を発するこの恐ろしい謎を解き明かそうと、自分たちの魔法の力でできることは何でもする。ときには命をかけて…。
楽しくスリルあふれるこの作品は、想像力の豊かさ、人をひきつける力、ぞっとさせる力、どれをとっても1作目にまったく劣らない。作品の中では、どこの学校にもよくあるできごと、たとえばクラスメートと対抗意識を燃やしたり、片思いに頬を染めたり、物知り顔の先生にあきれたりといった日常茶飯事が、とっぴで、恐ろしく、現実離れしたできごとや、単純に笑えるできごとと渾然(こんぜん)一体となっている。今回もまたローリングは知性と奇抜な発想と背筋の凍るような筆致を総動員して作品を書き上げた。これを読んでしまったら、子どもも大人もみな、次の作品が待ち遠しくてたまらなくなるだろう。

とにかく面白い


Stephen Fryの朗読は、わかりやすく面白い。

ほぼ本の通りの朗読(時折単語が違うことがあるが)なので

活字を目で追いながら、耳ではStephen Fryを聴くというのも

読み進め方のひとつ。

朗読スピードもゆっくりなので、英語になじみが薄い人でも

追いやすいだろう。

ただ、かなりゆっくりな朗読スピードなので、一冊終えるまでに

相当な時間がかかるので、それなりの覚悟は必要だ。

しかし、とにもかくにも楽しい仕上がりになっている。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by エンタメ at 14:44 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Harry Potter & Philosopher's.. (Cover to Cover)

Harry Potter & Philosopher's.. (Cover to Cover)Harry Potter & Philosopher's.. (Cover to Cover)
出演:
BBC Audio
発売日



ハリー・ポッター・シリーズもそろそろ新しい切り口が尽きたかに見えた矢先、Stephen Fryのめいっぱい傲慢(ごうまん)な、そしてめいっぱいいたずらっぽい語り口が、『Harry Potter and the Philosopher’s Stone』(邦訳『ハリー・ポッターと賢者の石』)をオーディオ版として生き生きとよみがえらせた。
ハリー・ポッターは人生最初の10年間を、おそろしいダーズリー一家(おば、おじ、それにデブでわがままないとこ)のなすがままにされてきた。両親を亡くしたハリーを彼らがしぶしぶ引き取ったのだ。だが、11歳の誕生日、ハリーは自分が普通の少年ではないことを知り、一家が必死でじゃまするにもかかわらず、ホグワーツ魔法魔術学校に入学、見習い魔法使いとしての生活を始める。後はご存じのとおり…。
ハリーが行く手に待ち受ける悪と戦うとき、Stephen Fryはストーリーにぴったりの、皮肉で乾いた、つい引き込まれてしまうユーモアをまじえて、ホグワーツでの難局で新しい人生にまっこうから取り組む彼らの最高の部分を引き出す。もって生まれた低く単調な、上流社会独特の語り口が、この最高の魔法物語にぴったりだ。ガリ勉ハーマイオニーの甲高いわめき声、断固として、それでいて公平なダンブルドア校長の穏やかな口調、陰険なスネイプ先生の意地悪な発言を、絶妙のタイミングで使い分ける。
『Harry Potter and the Philosopher’s Stone』は傑作で、その成功ぶりがさかんに報じられているが、Fryの朗読を聞くまではこの最高の魔法物語を体験したとは言えない。他のオーディオブックと同様、ドライブに最適。本をあまり読みたがらない人にハリー・ポッターの魔法を体験させるのにも理想的な方法だ。(対象年齢9歳以上)(Susan Harrison, Amazon.co.uk)

とにかく楽しい


Stephen Fryの朗読は、わかりやすく面白い。

ほぼ本の通りの朗読(時折単語が違うことがあるが)なので

活字を目で追いながら、耳ではStephen Fryを聴くというのも

読み進め方のひとつ。

朗読スピードもゆっくりなので、英語になじみが薄い人でも

追いやすいだろう。

とにかく楽しい仕上がりになっている。




さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by エンタメ at 14:42 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。